EQUITAS

Tel:03-6657-5283受付11:00~19:00 定休日:土日祝

エクイタスについて

現在の日本市場においては多種多様なサプライヤーが混在しており、バイヤーも安全かつ確実な方法で仕入ルートを模索していることと存じます。

近年では中国製、韓国製など安価な商品が流通し「日本製」は中国人が好む時代に…。陰を潜めてしまった「日本製」は何処で仕入れたら良いのか?お悩みの企業・法人様もおられることでしょう。

エクイタスでは、「他社との競合商品は販売すべきでない」ことをモットーに自社サイト:pasithea®「パシテア」にて「日本製 オリジナル・補整インナー」等を販売しておりますが、 よりもっと多くの方々にも、弊社協力メーカーによって作られた優秀な商品を知っていただき「日本製」の素晴らしさを再認識していただきたく、「日本製・補整インナー」のOEM生産を承り、企画~製造までサポートしてまいります。

エクイタスといたしましては、訴求力のある創造的かつ現実的な「ものづくり」を志し、今後は海外へも発信可能な対策を講じ、効率よく的確なサポートを行うことができますれば幸いです。

補整インナー(補正下着)の企画~製造及びOEM生産について

23年間、十分に経験を積んで培った専門知識を活かし、ニット製・補整インナーの企画・製造に携わってまいりました実務経験をより一層活性化させ、補整インナーのOEM生産を承ります。

美しいボディラインをつくりシェイプアップを応援する機能性補整インナーを企画し、製造まで全面的にサポートさせていただきます。

また、販売戦略として必要に応じ、最終段階におけるパッケージ作成までバックアップいたします。

 補整インナー・OEMのページへ

WEBサイト制作(WEBデザイン・コンテンツ作成等)

エクイタスでは、お客様のベネフィットに焦点を絞ったWEBデザイン、コンテンツの提案・作成、コピーライティング等を主体とし、様々なニーズに対応させていただきます。

また、アイデアを実現させながら、USPを確実に表現し得るWEBサイトを制作してまいります。

※USPとは…unique selling proposition〔ユニーク・セリング・プロポジション〕の略であり、日本では「独自の売りの提案」として知られるマーケティング用語。

 WEBサイト制作のページへ

インバウンドのための和英翻訳サービス

現在、訪日外国人旅行者は増加傾向にあり、弊社提携先のサービスにより、インバウンドブームをビジネスチャンスに変えることが可能です。 個人およびスモールビジネス向け和英翻訳サービス、より汎用性の高い販促ツールの製作をサポートしてまいります。

 和英翻訳サービスのページへ

更新情報・お知らせ

2017/11月
営業所を移転NEW
2016/6月
サイト内ブログを開設
2016/5月
エクイタス ホームページリニューアル
2007/11月
スリム・補整インナー「パシテア」開設
<エクイタスのビジョン>※スライドショーにて

1)日本から海外へ…日本製・オリジナル商品を海外へも発信すべくサポートしてまいります。

2)明るい未来へ…新しい素材(原料)を厳選して使用し、ご満足いただける快適な商品を提供いたします。

3)世界を見つめて…海外市場へも目を向けた姿勢で取り組んでまいります。

スマホでご覧の方へ!!

 エクイタスのWEBサイトは、レスポンシブ対応(スマホ、タブレット、パソコン共通)になっています。

1) 初期ページでは、「MENU内容」はトップページのみに表示されています。

2) 他のページで「MENU内容」をご覧いただく際には右上の MENUボタン」をタップしてください。

3) 「MENU内容」が表示された状態でスマホを横向きにすると、そのまま「MENU内容」が表示されます。

4) 「MENU内容」が表示されていない場合にスマホを横向きにされると“大きく改行された状態”となりますが、【更新(再読み込み)】していただくと「MENU内容」が表示されるよう設定しています。( タブレット端末とみなされるためです)

5) なお、ブログページでは上記4)の操作が効きませんのでご了承ください。ブログページは「 MENUボタン」が透過されていますが、縦向きの場合には作動します。

6) JavaScript の影響で MENUボタン」が作動しない場合がありますが【更新(再読み込み)】していただくと、ご覧のページの初期画面(「MENU内容」なしの状態・右上に「 MENUボタン」が表示されます。

エクイタスについて

about_equitas

海外へも発信可能な「ものづくり」をサポートいたします。

今後は海外へも注目し、訴求力のある創造的かつ現実的な「ものづくり」を志してまいります。

↑ PAGE TOP